NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  上級エコツアーガイド研修 開校!

jimukyoku さんの日記

カテゴリー [未分類] 
2017
9月 11
(月)
13:56
上級エコツアーガイド研修 開校!
カテゴリー  未分類
本文
 虹の会会報誌12・13号を先にご覧いただいた方はすでにご存知でしょうが・・・

7月26日、平成29年度奄美群島民間チャレンジ支援事業を活用した『上級エコツアーガイド研修』開校式&第1回目の研修が開催されました。

はて、上級エコツアーガイドとは何ぞや?? と思われた方!

そうなんです。そう思われる方が大半だと思います。そもそもエコツアーガイドという言葉そのものがあまり知られておらず、何をするのかイメージされにくいのも難点なのですが・・・今回取り組む『上級エコツアーガイド研修』に限って簡単に説明すると、

‘素慧腓亮然と人々の暮らしを地域の宝として活用し、質の高い体験や情報の提供できるガイド
環境保全や自然保護を意識し、国立公園などの価値ある自然をより丁寧に案内できるガイド

です。

要は、徳之島の多様性豊かな美しい自然と、その自然の中で営まれている島人の暮らし、島唄・踊りなどの伝統文化、それらが育まれてきた歴史の変遷、といったもの・ことを来島されるお客さんに知っていただき、新しい発見の喜びや感動を分かち合う――そんなガイドです。

徳之島では、先ほども述べたようにエコツアーガイドについての認知度が低く、ガイドが仕事になるという意識が低い、数少ないガイドも生業として定着していないのが現状です。ですので、自然や文化について深い知識を持ったエコツアーガイドが少なく、商品に成り得るツアーメニューもほとんど開発されていません。

そこで今回、徳之島特有の自然(森、海、動植物など)や文化研究(先史人類学)の専門家を招き、すぐに実践に結び付けられる実技と座学の研修を行うことになりました。
日頃から環境教育や自然体験学習に取り組んでいる方、認定ガイドを目指している方を対象に参加者を募集し、20名の参加者が決定!

 同日午後には、地理、地形、景観などがご専門でドローンを活用した授業なども展開される平瑞樹先生を講師に招いて、第1回目の研修も行われました。
前半は、班ごとにカメラを持って三京集落の魅力探しへ出発!まとめたものを発表し合い、意見交換し、情報を共有しました。後半は、実際にドローンの操作を見学したり画像を確認したりして、ドローンを使ったガイドのあり方などについても考えました。

研修は来年2月あたりを目処に全10回ほど開催予定です。最終回では、研修の成果をもとにエコツアープログラムを制作した後、商品化したツアーの参加者を募って、エコツアーを実施します。もしこのツアーに参加してみたい方、興味を持たれたという方はお気軽にお問合せくださいね!

長々となり過ぎました・・・ お読みいただきありがとうございます


閲覧(1042)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。