NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  森の生きもの観察会!

jimukyoku さんの日記

カテゴリー [未分類] 
2018
8月 8
(水)
16:40
森の生きもの観察会!
カテゴリー  未分類
本文
夏休み真っ盛りの8月7日、アマミノクロウサギを研究されている鈴木真理子先生を講師に招き、森の生きもの観察会を開催しました。

参加したのは、伊仙町わくわくクラブの小学1〜3年生とスタッフの皆さん、エコツアーガイド研修に取り組む住民の総勢約30名です。
夏休みの自由研究に取り組む、面縄中学校の生徒さんも同行しました。

観察場所は、当部−母間林道。

まずは、アマミノクロウサギの体の特徴や食べもの、暮らしなどについて紙芝居でレクチャー。
基本的なことを学んでから、食べた“あと”やフンをした“あと”を探しに林道散策へ!

さっそくクロウサギのフンや葉や茎を食べた“あと”を見つけてメモしていました。

他にも、バーバートカゲの赤ちゃんやアマミハンミョウ、タマムシの仲間などの生き物や、花盛りのツルラン、そして、クロウサギの巣穴も見つけ、その度に子どもも大人も大興奮!

照りつける強い日差しに身構えて出発しましたが、木陰の続く林道では心地よい風も吹き抜け、とても快適な観察会でした。

午後からは、昼間では実際に観察することの難しいクロウサギの生態を映像で紹介してくださり、クロウサギをはじめとする希少野生動物が直面しているノネコの問題についても学びました。

そして、最後に観察会で見つけたものやことを絵日記に書いて残しました。印象的だった生き物や学んだことがとても丁寧にかかれていて感心しました

閲覧(1066)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。