NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  エコツアーガイド  >  喜念集落で素材調査

jimukyoku さんの日記

2018
12月 27
(木)
11:29
喜念集落で素材調査
カテゴリー  エコツアーガイド
本文
 現在の事業で、新しいガイドコースを考案・選定しています。
11月7日と11月21日の両日、新コースのひとつである喜念集落の素材調査に行ってきました。 案内役は、喜念出身で集落のことを知り尽くした、時任武男さんと政岡ひろ子さんにお願いしました。

 喜念集落といえば、白い砂浜の喜念浜が島の観光スポットのひとつになっていますが、実は浜だけでなく集落の中も面白いんです。
約3500年前の遺跡や300年ほど前の役場跡、よその集落からも祈願に来るという子宝神社、昔ながらの細い小路なども残っています。また、古い風習が残っていることも興味深く、集落の魅力のひとつといえるかもしれません。

 小さな集落ですが、歩いてみると面白い発見がたくさんありました。やはり、集落のことは集落の人に聞くのが一番です。徳之島のシマ唄「全島口説」でも歌われているように、徳之島は集落ごとに特徴があるといわれます。今回は喜念集落の素材調査でしたが、機会があればほかの集落も探索してみたいと思いました。


閲覧(368)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。