NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  仕事納めは希少植物調査

jimukyoku さんの日記

2018
12月 31
(月)
23:36
仕事納めは希少植物調査
カテゴリー  未分類
本文
大晦日となった31日の今日、2018年の仕事納めとなる植物調査がありました。奄美大島から来島した希少種専門家の先生に同行し、これまであまり調査されてこなかったサトウキビ畑に囲まれた某所での調査です。
山がちな奄美大島と比べ、徳之島はサトウキビ畑などが広がる平地も多くあり、奄美大島で見られない植物も数多くあることはよく知られています。
世の中は正月準備や、年末の片付けに大わらわの31日に集まった面々なので無類の植物好きということは初対面でも察しが付きました。
ここ数日急激に冷え込んでいるとはいえ、藪をかき分け、道なき所に道を作りながら進むわけですから、散策のワクワク感よりもハブの脅威に全神経を集中しながら慎重に進んでいきます。
しかし、植物大好き集団は、写真を撮ったり、葉を裏返して筋や胞子を確認したり、先生のお話も聞き逃すまいと、脱帽する熱心さです。
調査した場所や植物名は、希少性が高いためここに記すことは出来ませんが、
まだまだ、徳之島は未知がいっぱいであること。
そして、こんなに近い奄美大島と徳之島でも植物相の違いがたくさんある事も再認識しました。
 奄美大島のみを研究して、奄美群島の島々をひとまとめで語る研究者がいらっしゃいますが、それでは間違いも多々あると思います。
ぜひ、徳之島に足を運んで見て調べて感じて頂きたいと思いました。
 
あと、数分で2018年が行きます。
新しく来る年は、またどんなワクワクと素敵な出会いがあるのだろう。
とても楽しみです。

2018年、お世話になった全ての皆様に感謝します。有難うございました。
また来る年の皆様とご家族様のご多幸とご活躍をお祈りしています。


閲覧(907)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。