NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  山中からタイヤ搬出

jimukyoku さんの日記

2020
3月 6
(金)
16:47
山中からタイヤ搬出
カテゴリー  未分類
本文
ハブの活動が鈍るこの時期、晴れ間を見つけては山通いをしています。
今日は世界自然遺産推薦区域になっている、国立公園特別保護区の山中に40年位前から置き去りになっている古タイヤを運び出す作業を行いました。
このタイヤは、今年度の徒歩による森林パトロールの最中に発見しました。
まだ国有林の樹木を切り出していた頃に、積出作業に利用するため運び込まれたものが放置され、その後切り出し作業がなくなったあとも片づけられることがなく現在に至ったものです。

片道1時間の山道を歩いて運び出す作業は、虹の会のシルバー部隊だけでは困難なため、若い人にも応援をお願いしました。
作業内容もよく分からず引き受けた青年もいたと思いますが、重いタイヤを2本も背負い、車の通る林道まで運んでくれました。
終わって早々に、「あと1ヶ所あるけど次も協力してくれないか。」と問うと、「いいよ。」と快く引き受けてくれました。
島の未来を担う青年たちが頼もしいのと有難いのと両方で、嬉しいかぎりのボランティア活動でした。

次回は天城岳の山頂に残っているタイヤとガラス瓶を運び出します。
天城岳のタイヤ搬出作業は3回目です。
私たちが次世代に残すものは、「子孫のやっかい」にならないようと肝にめいじる1日でした。


閲覧(569)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。