NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  春爛漫の徳之島

jimukyoku さんの日記

2020
3月 26
(木)
22:37
春爛漫の徳之島
カテゴリー  未分類
本文
 不安と不幸に世界中が呑み込まれそうなニュースが一日中流れ、平常心でいられない日々が続いています。
 年度末の激務が落ち着いたので、心底惚れ込み恋こがれている春の森に、会いたくて遇いたくてたまらなくなり、行ってきました。

 心地よい春風、小鳥のさえずり、森の木々が一斉に芽吹きエネルギーが満ちあふれています。
こんなに美味しいおにぎりが世の中にあるのかと思わんばかりのおにぎりを、ほおばり至福の時を過ごしました。
徳之島の森は今、春爛漫です。そんな自然の営みに命を救われた気がしました。

 そんな大切な森ですが、今冬の希少種の調査では、盗掘の跡が相次いで見つかりました。
そしてイノシシの掘り起こした跡もたくさんありました。
大切な島の宝がどんどん減少している中で、一株でも助けてあげたい思いがあり、念のため山の水とシャベルを持っていきました。予想通りに掘り起こされたエビネはいくつもあり、水とシャベルが役にたちました。そしていつものようにゴミを担いでおりました。


閲覧(345)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。