NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  クロウサギの交通事故多発

jimukyoku さんの日記

2020
5月 4
(月)
16:43
クロウサギの交通事故多発
カテゴリー  未分類
本文
コロナとGWで大型連休になった初日から、交通事故と見られるアマミノクロウサギの死体が発見されました。

 長期休みでもどこにも行けないので、クロウサギを見に来たという家族連れが林道に急増しています。
島に住んでいてもクロウサギを見たことがない方がたくさんいらっしゃるので、見てみたいと思う気持ちはよく分かります。
街灯もない暗い夜道に出没する小さな黒い希少動物はアマミノクロウサギだけではありません。ケナガネズミやトクノシマトゲネズミの交通事故も増えています。

山地に近い集落では、民家の近くまでクロウサギが出没しており、クロウサギを見に行って、ひいてしまっては本末転倒です。
 アマミノクロウサギは国指定の特別天然記念物で、いわゆる国宝です。
走り慣れていない暗い林道や農道を通行するときは、野生動物に充分注意し徐行運転をお願い致します。

 見通しの悪い雨天の夜でも通行量が増えているため、徳之島地区自然保護協議会やボランティアの皆さんが、大急ぎで看板を作り建てました。
 皆さんの自然を愛する気持ちと行動力に、こんな時でもほっこりしました。


閲覧(164)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。