NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  未分類  >  奄美・徳之島交流自然観察会

jimukyoku さんの日記

2020
7月 21
(火)
15:03
奄美・徳之島交流自然観察会
カテゴリー  未分類
本文
史上一番長かった奄美諸島の梅雨の最終日、7月19日(日)、
奄美大島から来島された植物愛好会の皆さんと犬田布岳自然観察会に行きました。

ハブがたくさん居そうなこの時期に山に入る事はめったにないので、いつもとは違う観察会ができるだろうと期待しながら、ハブと植物にも念入りに注意を払いつつ、かなりゆっくり進みました。
「そうだよな、植物って花が咲いたら実が出来るんだよ。」なんて当たり前のことですが、林道で見慣れた、サクラツツジやギーマやアオノクマタケランも、果実をしっかり見たことがなかったと思い、四季折々に違った顔を見せる草木を心ゆくまで楽しみました。

今回の交流観察会は参加者の殆どが初対面でしたが、全員が自然大好き。
森で出会った生き物や植物に歓声をあげ、写真を撮り、和やかに語り合い、楽しい楽しい観察会でした。


閲覧(373)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。