NPO法人 徳之島虹の会

メインメニュー
TOP  >  活動レポート  >  jimukyoku  >  エコツアーガイド  >  カムィヤキの森・ガイド現地研修会

jimukyoku さんの日記

2020
11月 10
(火)
14:28
カムィヤキの森・ガイド現地研修会
カテゴリー  エコツアーガイド
本文
 11月6・7日の両日、伊仙町カムィヤキの森において、エコツアーガイド現地研修会を開催しました。
今年度取り組んでいる『国立・国定公園への誘客の推進のための補助事業費』を活用したカムィヤキの森整備ですが、マツの倒木処理や遊歩道整備が完了したところで、講師を招いたガイド研修会を3回行いました。

 講師は、あらゆる分野に造詣が深い中でも、特に植生学や博物館学がご専門の寺田仁志先生です。

 森の入口でさっそくリュウキュウマツ、サキシマフヨウ、ゲットウ、アオノクマタケラン、クマタケランなど、それぞれの植物の特性や、昔の人の暮らしの中での活用、人との関わりなどについて、味覚・触覚・視覚・嗅覚をフルに使って学びました。
研修開始から森の入口周辺だけで約1時間経過。それほど気にも留めなかった動植物にも、知るとおもしろい、誰かに話したくなる“ネタ”がこれほどたくさんあるのかと、驚きと同時にワクワクしました。

 森の中では、まずエコツアーの参加者がどんなことに興味を持つか、何を知りたいと思うかなど、参加者の目線を大切にすること、参加者の興味に応えるために知識が必要であることなども学びました。今回も、新たな知見、楽しさ、感動が得られる貴重な機会となりました。

※本ガイド研修を活かして、さらにプレツアー等の研修を重ね、カムィヤキの森オープニングを兼ねた一般の方向けのエコツアーを実施いたします。
 カムィヤキの森一帯は奄美群島国立公園エリアですが、普通地域なので植物をちぎったり味をしたり、植物の魅力を五感で楽しめる自然体験にもってこいの環境です。また、足元も広く見渡せる遊歩道を整備したので、小さなお子様からご年配の方まで比較的安心して楽しめます。(ハブやハチなどの活動期には注意が必要です)
 年明けの2021年1月10日実施予定ですので、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。詳細につきましては、年末年始の島内配布広告でお知らせ予定です。どうぞお楽しみに

閲覧(1367)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。